離婚協議相談所

サイト作成・運営
行政書士福本勝事務所
〒547-0016
大阪市平野区長吉長原2-2-19
行政書士福本勝事務所 相談専用室
行政書士福本勝

ご相談・お問い合わせ
06-6709-1260
メールフォーム
にてお気軽にお問合せください。

各業務に関するお問い合わせ、お見積もり、初回のメール相談および初回20分程度の電話相談は無料です。

また、ご相談・お問い合わせ・お見積もりの回答以外に、電話・訪問・メール・郵便物等による営業活動は一切行いませんのでご安心ください。

営業時間
平日午前9時より午後6時。土・日・祝日、休業。なお、休日・夜間でも可能な限りご相談対応いたしますので、お問合せください。メールは、24時間受付いたします。

離婚協議書作成サービス  


離婚協議書

 協議離婚では、離婚届を作成し役所に受理されれば離婚したものとして取り扱われます。提出する離婚届に財産分与・慰謝料・子の親権・養育費・面会交流など、合意内容を記載した離婚協議書を添付する必要はありません。

 ところが、離婚の際に財産分与・慰謝料・子の親権や養育費・面会交流などの合意につき、口約束だけで書面作成をしていないと、後日主張金額の相違や不払いのトラブルになりかねません。そこで、離婚協議書を作成し、財産分与・慰謝料や子の親権、養育費・面会交流の合意内容を明確に記載して取り交わしておくことが重要になってきます。

離婚協議書の記載事項

 離婚協議書に必ず記載しておくべき事項として、@財産分与の内容、分与する財産の種類・金額やその支払方法、A慰謝料の金額とその支払方法、B子の親権・監護権に関する事項、C養育費の金額とその支払方法、D子との面会交流(面接交渉)の内容があげられます。

 各事項につき、当事者の話し合いにより相互に歩み寄って合意をし、合意内容を記載して離婚協議書を作成します。

離婚協議書を公正証書にしておく意義

 離婚協議書には財産分与、慰謝料、養育費といった金銭の支払に関する事項を記載します。養育費だけでなく、財産分与や慰謝料についても分割払いの合意がなされ、支払が将来に残るときもあるでしょう。

 将来、離婚協議書に取り決めた約束どおりに支払がなされれば問題ないですが、支払が滞ったときには、相手方の任意の支払がない限り訴訟手続をとったうえで、強制執行手続をしなければ約束の金銭を取り立てることができません。ところが、訴訟手続は複雑なため本人が行うのは困難ですし、相当の時間や費用もかかります。

 その点、予め離婚協議書を強制執行認諾約款つきの公正証書にしておけば、養育費や財産分与・慰謝料の分割支払が滞った場合に訴訟手続を経ることなく迅速かつ容易に強制執行手続をとることができます。

 また、当事者双方が公証役場に出向き、公証人の面前で公正証書を作成することで、養育費ほか金銭支払義務・責任の自覚が促がされる効果もあります。さらに、当事者が作成した協議書の記載事項を公証人に法的問題がないかチェックしてもらうこともできます。

離婚協議書作成サービス

 当事務所では、当事者で話し合い合意した内容をもとに離婚協議書を作成される際に、いろいろな離婚協議書作成サービスを行っています。離婚協議書を公正証書で作成される場合には、証書原案の作成から公証役場の手配、手続の代理や代行を行います。

 ご希望に応じて出張相談も承りますので、まずはお気軽にご相談ください。各業務に関するお問い合わせ、お見積もり、初回のメール相談および初回20分程度の電話相談は無料です。ご予算に応じた業務・サービスのご提案もいたします。また、ご相談・お問い合わせ・お見積もりの回答以外に、電話・訪問・メール・郵便物等による営業活動は一切行いませんのでご安心ください。まずは、お気軽にお問合せください。

秘密厳守

 行政書士は、法律でお客様の秘密を守るよう義務付けられています。ご相談から書類作成後に到るまでお客様の秘密は厳守いたしますので、安心してお任せいただけます。


LINK
行政書士福本勝事務所 
行政書士福本勝事務所(携帯版ホームページ) 
熟年離婚 
不倫の慰謝料相談Q&A 
身近な法律相談室 
ベストウェブ Super Search 
アクセスアップ↑[Happy★Web]サーチエンジン☆  登録無料 
e検索エンジン登録.biz  
BELL SEARCH! 
検索エンジン GOODSEARCH